とろやん

とろやん

悩んでいる人に気付きを提供するブログ。人生のほんのひと押しになりたい、人のためにも、自分のためにも。やっと気付いたんだ、昔からずっと虚しかったって。だから人を助けるお仕事もした。でも、直接関わるのは自分には向いてなかった。だから、ブログで発信していこうと思う。

とろやん

イチローに5年ぶりの開幕スタメンに「シアトルを離れたくない」

f:id:weviz7:20180330180456j:image

イチローが44歳にして大リーグで開幕戦「9番・左翼」でスタメン出場!

 

イチロー好きとしてはこの事実に心から舞い上がっています。

 

 

イチローというレジェンド

 

生粋の大リーグ出身者でも35歳まで野球を続けていれば年長者という世界。

その中で日本人として大リーグの一線で44歳になってなお活躍し愛され続けているイチロー選手。

しなやかな筋肉から繰り出される彼の妙技に日本のみならず世界中が魅了されている。

 

スタンディングオベーションイチローコール

 

現地時間29日に開かれた対インディアンスとの開幕戦では、イチローの古巣であり現所属のマリナーズ本拠地セーフコ・フィールド

試合前の選手紹介では、イチローの復帰を待ち望んだマリナーズファン約40,000人からの割れんばかりのイチローコール。

 

youtu.be

 

「44歳が球場に帰ってきた」という事実だけで、当球場史上最多の47,149人からスタンディングオベーションで声援を受ける人物は、後にも先にも彼以外にはいないのではないか。

 

試合後には「もうシアトルは離れたくない」

 

大歓声を受けたことについて試合後のインタビューでは「そのまま聞こえていましたよ」と語った。

その後「こんな風にしてもらったら、この先はもうシアトルを離れたくないなという気持ちになりますよね」と続けた。

 

どんな時も冷静なイチローだが、今回のスタンディングオベーションには嬉しさが隠せない様子だ。

 

 

 

イチローの流儀 (新潮文庫)

イチローの流儀 (新潮文庫)

 

↑筆者のオススメ

イチローがここまで活躍できる真髄をシンプルにまとめている携帯しやすい必読の一冊 

 

 

いつまでも変わらぬ姿勢で野球を続けてほしい

 

毎日地道なトレーニングを続け、野球を通して人間性を磨きたいと語るイチロー

野球選手として、人間として、彼がどこまで進化するのか、このレジェンドと同じ時代に生きられることを幸運に思う。

 

以上