とろやん

とろやん

悩んでいる人に気付きを提供するブログ。人生のほんのひと押しになりたい、人のためにも、自分のためにも。やっと気付いたんだ、昔からずっと虚しかったって。だから人を助けるお仕事もした。でも、直接関わるのは自分には向いてなかった。だから、ブログで発信していこうと思う。

とろやん

デリバリープロバイダーに出会った

デリバリープロバイダー

 

Amazonを利用しました

今まで幸運だったのかわかりませんが、ずっと大手運送会社でした

 

しかしこの度初めて「デリバリープロバイダー」なるものに出会いました

 

ネットでは酷評

 

デリバリープロバイダーのネット評は散々なものです

「指定した時間に来ない」

「荷物の扱いが雑」

「配達員がだらしない」

などなど

 

今まで見たことない不在連絡票が入っていたので調べたらこのありさ

再配達にきてもらうまでずっとドキドキしてました

 

別にそうでもなかった

 

来てもらったらフツーでした

 

指定した時間帯に来てくれました

対応も難なく終わりました、荷物受け取ってサインして終わりだし

荷物の潰れもなく問題なし

 

まぁたまたま善良なデリバリープロバイダーに当たったのかもしれませんが

来てもらってみればこんなもんです

 

大手運送会社を見直した

 

ただ1点グチを言うなら

不在連絡票にあった電話番号にかけても折り返しすらなかった

結局当日は来てもらえず、ネットから再配達申し込み

急ぎのものでもなかったから別にいいんだけど

これがAmazonプライム会員とかで急ぎでほしくてお急ぎ便にしたのに!って人だったら不満が残りそう

 

その点、ヤマトとか佐川はドライバー直通に電話すると、運転中は出ないけどすぐにかけ直してくれる

そして何よりドライバーの元気がイイ

配達が遅いとか何だかんだ言われることもある運送会社だけど

やっぱ大手運送会社は教育してんだなぁって思った

 

運送業界をホワイトに

 

ネットショッピングが流行ってる現在、物流は以前にも増して重要、欠かせない社会インフラ

もっとホワイトな会社になってもいいと思うんだけど、なかなか構造上難しいのかなぁ

 

がんばれ運送業