とろやん

とろやん

悩んでいる人に気付きを提供するブログ。人生のほんのひと押しになりたい、人のためにも、自分のためにも。やっと気付いたんだ、昔からずっと虚しかったって。だから人を助けるお仕事もした。でも、直接関わるのは自分には向いてなかった。だから、ブログで発信していこうと思う。

とろやん

志を高く持つことを良しとすることへの疑問

高い夢を持つことが苦痛であることとか
日々歩くことすら億劫である人間がいる
日々の生活が回って死ぬことが今生の幸せで
確かに達成したいことはあるけども
休むことが好きであったりする人に対してまで
目標は高くして社会を変える人がたくさんでなければ日本は衰退していくというのであれば
衰退すればいい
良いことであることを良いこととする当たり前を押し付ける前に
金や名声や知力体力を得ている自分らが異端で
「悪口でさえ跳ね飛ばして理想を追い続ける自分」は本当は善意のことをしているという考え方を
疑うことはないのだろうか
やりたいことをやっている
確かに幾人かの人はそれで幸福になるかもしれないが
不幸になる人も出てくる
そんな変化を良しとして高い志こそ幸せとする幸福論者は
何を見ているのだろうか