とろやん

とろやん

悩んでいる人に気付きを提供するブログ。人生のほんのひと押しになりたい、人のためにも、自分のためにも。やっと気付いたんだ、昔からずっと虚しかったって。だから人を助けるお仕事もした。でも、直接関わるのは自分には向いてなかった。だから、ブログで発信していこうと思う。

とろやん

僕の生きる意味は今やこのブログしかなかった

とにかく仕事場にいるのが苦痛な毎日

単調な事務作業に決まった他人とずっと隣り合わせ

それでも安定はしている

出勤前に吐き気と動悸に悩まされても

安定はしている

無職よりは安定している

 

ただこの人生に生きる意味は無い

事務以外をしない単調な仕事でも時間に追われ仕事に追われ

息つく暇もなく日々の大半の時間を盗み取られていく

仕事が終われば翌日に備えて寝るだけ

それでも生活するお金の為に職場にいく

稼いでも稼いでも貯まることもないお金の為に

毎日勤める

生きる意味は無い

 

『夜と霧』のように

アウシュビッツに入れられたヴィクトール・フランクルのように

収容所にいれられても希望を見つけ出す能力は無い

あるのは吐き気と息苦しさだけ

収容所にいかなければ生きていけないという矛盾を抱えている

 

一つだけ、生きる意味を見出すとすれば「このブログ」

このブログに「仕事が合わず苦しみ、病になって苦しみ、職場は収容所のようである」と綴り続けることが生きる意味

 

これも矛盾している

生きる意味となるブログに

死にたいと綴ること

矛盾している

 

それでも吐き出さずにはいられない

息苦しさを言葉にして吐き出さないと

呼吸が止まってしまいそうだ

 

明日も明後日も収容所に行く

言いようのない恐怖に涙するも

受け止めるものは何も無い

 

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版